WEBマーケティングするNPOの人

WEB歴20年以上。サイト改善に必要なテクニックや、SEOに関するニュースを紹介します。

ニュース

Googleが求人事業に参入!

2018年末、仕事納めをしてのんびりしているところにGoogleが突然リリースを出してきました。

ーグル、求人事業に19年参入 検索結果で仕事を提案

記事によると、2019年1月よりGoogleが求人サービス「グーグル・フォー・ジョブズ」を開始するとあります。
ユーザはGoogleから直接求人情報を検索することができるようになります。

Googleが求人情報を収集する手段は、おそらくindeedと同じようなクローラがサイトにやってきて、自動で求人情報を収集していくことになりそうです。

 

どんな対策が必要か

 

気になるのは、サイトを作っている側はどのように対応していくのが良いのでしょうか。
これまでは採用ページをサイト内で公開し、そこに広告や求人サイトなどに集客をするのが常套手段でした。

今後はおそらくGoogleの検索結果に求人情報をが掲載されることが大事になるため、構造化データでページを記述することが大事になります。

採用ページのメタタグなどを有効に活用し、このページが求人情報であるということを明記してGoogleやindeedに掲載されやすくして上位を目指すというような求人版SEO、REO(Recruit Engine Optimization)が流行ったりするかもしれませんね。