フィットボクシングとリングフィットアドベンチャーでダイエットと筋トレを110日間続けた結果


4/20ころから始めた、フィットボクシングとリングフィットアドベンチャーを併用したダイエットと筋トレがこのたび約110日間経過しました。

最初の1ヶ月間の様子は前回の記事である、ダイエット・筋トレ初心者がリングフィットアドベンチャーとフィットボクシングを1ヶ月やってみた結果
にまとめていますが、今回のその続きになります。

 

体重が10kg落ちた

これが一番わかり易い数字の変化でしょう。
110日間の体重の変化はこのグラフの通り。
多少の上下を繰り返しながら、体重が落ちてきました。

目標体重まで2kgを切ったので、フィットボクシングのボクササイズを続けて体重を落としていく感じです。

 

体型はこう変わった

 

ZOZOSUITの計測データにおける比較は次の画像の通り。

 

全体的に体が引き締まり、ウエストにはくびれのようなものが出てきました。
ウエストが-10cmくらいになったので、シャツやズボンのサイズが合わなくなってきたレベルの変化です。

体型の目標である割れた腹筋が見え始めているので、引き続き腹筋周りを鍛えて脂肪を落としていく感じです。

 

それ以外のパーツは脂肪が落ちたせいか、触ったときに筋肉がダイレクトにつたわり締りがある感じになったなぁと感じます。

 

リングフィットアドベンチャーではどんなメニューをやったか

 

リングフィットアドベンチャーでは、プランクを徹底的にやりました。
腹筋に効くメニューとしては定評があるだけに、かなりきついが腹筋周りが鍛えられていくことが実感できました。

 

 

これを1セット25回、1日に3セットくらいやってました。
最初は2〜3回やってはへばってたのが、今では3セットを普通にこなせるようになったので、成長するもんです。
見た目的にも腹筋が鍛えられているのがよく分かるため、必ずやるメニューにしました。

 

 

舟のポーズも腹筋にはだいぶ効果ありそうでした。
腹筋がプルプルして効果ありそうなので、これも毎日やっていました。

後はバンザイスクワットで下半身も鍛えつつ、サゲテプッシュで胸筋を鍛えるなどして、理想のカラダをイメージしながらトレーニングメニュー(このゲームではフィットスキル)を組んでいきました。

 

フィットボクシングではどんなメニューをやったか

 

デイリーで、ウエストを20分+追加で任意の1メニューをやっていました。
ウエスト中心のメニューを選ぶと、腰を捻る動作(フックやアッパーのときにタメを作る)が多くなるので、お腹周りの脂肪にアプローチできます。

在宅勤務の日は昼休みの後半にもフィットボクシングを起動して、追加でボクササイズをやっています。

また、リストウエイトをつけて腕周りの強化、フィットネスベルトを腰に巻いて発汗効率を上げるようにしました。

 

基礎代謝とアクティブエネルギー

 

何にもしないで消化できるカロリー数が基礎代謝。
運動することで消化できるカロリー数がアクティブエネルギーとなります。

この2つの数字を足したものが1日で消化できるカロリーなので、食べたもののカロリーの合計がこれを超えるか下回るかで痩せるかどうかが決まってきます。

基礎代謝は計算すればかんたんに求められるのですが、アクティブエネルギーはなかなか計算しづらいもの。


そこはアップルウオッチが大活躍してくれました。
歩いていれば勝手に歩数を記録してくれるし、フィットボクシングのときはエクササイズメニューの「ボクシング」を、リングフィットアドベンチャーのときは「フィットネスゲーム」を選び、記録していきました。

 

すると、1日のアクティブエネルギーが約1,000キロカロリーであることがわかったので、基礎代謝の1600キロカロリーと足して2,600キロカロリーが一日に食べていい目安であることがわかりました。

 

1日のメニューはこんな感じ

 

(休日や在宅勤務の日)
お昼ごはんを食べた後、30分ほどフィットボクシングでボクササイズ(渡る世間は鬼ばかりを見ながら)

夜ご飯を食べる

ご飯食べて1〜2時間位したらリングフィットアドベンチャーで筋トレを約60分(渡る世間は鬼ばかりを見ながら)

プロテインを飲む

30分ほどフィットボクシングでボクササイズ(渡る世間は鬼ばかりを見ながら)

この程度のメニューでも十分成果が出せました。

 

まだまだ課題はある

 

ウエスト以外は脂肪も落ちてスッキリとしたので、後は筋肉をつけていく必要があります。
ウエストまわりでは脂肪の下に腹筋が隠れているので、ひたすら脂肪の燃焼と筋トレを繰り返していかねばなと思っています。

 

とりあえず、後2キロほどの目標体重を達成したら筋トレ一本に絞り、全身の筋肉を鍛えていくつもりです。


おすすめ記事