【サーバエラーの初動対応のために】ステータスコードを正しく理解する


WEBサイトが表示できる仕組みは、クライントのPCがブラウザでURLを入力し、WEBサーバがリクエストに応じたレスポンスをすることが基本です。

サーバのログを見るとわかるのですが、リクエストの1つ1つに対してステータスコードが付与されています。
大体のリクエストは成功するので200というステータスコードとともにレスポンスがくるのですが、エラーが発生したときはその理由とともにステータスコードが返ってきます。

 

最低限知っておきたいステータスコード

 

200 成功
301 そのURLは恒久的にURLが移動した(サイトリニューアルでよくある)
302 そのURLは一時的に移動している

ここからはエラーコード(画面にサイトが表示できない)

401 認証に失敗した(ログインで失敗した)
403 アクセス権がない(パーミッションが適切でない)
404 そのURLは存在していない(割とよく見るFile not Found)

500 .htaccess、プログラムのエラー
503 サイトに人が集中しているなどで処理できない

 

500番代のエラーはすぐ動くべき

 

先程の一覧で太字で表示した500番代のエラーは非常に厄介です。
特に500エラーはサイト運用側としてはその原因を取り除かないと解消しないのです。

プログラムのコードエラーを修正し、それで治る場合もあります。
コードエラーによって生成されたプロセスがサーバ内で動き続けていると、サーバのプロセスをキルしたり、サーバの再起動などのサーバ管理者との連携が必要になってきます。

500エラーが出たら隠さず、さっさと助けを求めましょう。
巻き込める人は巻き込んでしまうのが手っ取り早いです。

 

503エラーだと、私の経験だとサイトに人が集中している時によく出るエラーという印象です。
サイトに人が集中している要因(ニュースサイトや、インフルエンサーに紹介された)がはっきりしていれば自然収束を待つのが良いでしょう。


おすすめ記事