WEBマーケティング

メルマガ配信にmailchimpをオススメする理由

 

マーケティングオートメーションのツールは導入するのに結構な時間と費用がかかりますが、とっかかりとして無料で使えるmailchimpがオススメです

メルマガを戦略的に配信できるツールなので、活用すればメルマガからのCVは確実に上がります。
今回はメルマガ配信するまでを解説し、次回はキモであるレポートの活用を解説します。
 

mailchimpの特徴
・月2000通まで無料
・レスポンシブメールを簡単に作ることができる
メルマガ配信すると自動作成されるレポートが優秀
・画面はすべて英語

 

まずはアカウントを開通します。

アカウント作成はこちら

 

配信までの操作は、基本となるListsTemplatesCampaign3つを把握すればOKです。

list・・・メールの配信対象者リスト

templates・・・送信するメール文

campaign・・・listtemplatesを組み合わせた、メール送信のキャンペーン

 

配信リストを作る

 

上部メニューのListsをクリックすると、CreateListの画面が表示されるのでリスト名、メールのfromアドレスなどを入力し、次に進む。

 

↑リストをどう取り込むか聞かれるので、Copy/Pasteを選ぶ

 

↑メールアドレス、姓、名とカンマ区切りになっているデータをボックスに貼り付ける

 

 

↑メールアドレスは自動的に認識してくれるので、「テスト」となっているところをFirst Name、「太郎」のところをLast Nameと紐付ける。

 

↑最終確認画面が表示されるので、「import」をクリックして完了

 

メール本文を作る

 

次にtemplatesからメール本文を作ります

既存のテンプレを編集してもいいし、自分で1からレイアウトを組むこともできます。

%fname%

といったように、名前を差し込むことも可能です。

 

メールを送信してみる

 

Campaignsからメール送信キャンペーンを作成できます。

To・・・送信者リストを選択(Listsから選択する)
From・・・送信元アドレス、送信者名
Subject・・・メールの件名
Contents・・・送信するメール本文(Templatesから選択する)

項目がすべて埋まると、画面上部の「Schedule」で送信時刻の指定、もしくは「Send」で即時配信が可能です。

次回は送信したメルマガのレポートからどのように戦略的な配信をしていくかを解説します。